--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/25.Wed

ライブドア事件のこと

自分がパソコンに難儀していたここ1週間、
世の中はいろんなことが起きてましたね。

ヒューザー社長の証人喚問の印象を薄くするための策略、
そんなふうに考えていたライブドアの強制捜査。
気がつきゃトップの逮捕にまでいたりました。
そして、自民党とヒューザーの関係よりも
自民党と堀江前ライブドア社長の関係がとりだたされる始末。
ま、政治的な話はここではしないつもりですが、
これで選挙に当選してたらかなりの影響を与えたでしょうねぇ。。。

さっそうと現われ、話題をふりまき、去っていく。
風のよう、というか、台風並みのインパクトでした。
堀江劇場はこれで終了なのか、ただ第一幕の終わりなのか。
経済の主役に戻れるのか、彼が今後どういう生き方を選択するのか。
株価がどうとかいうことよりも、そのことに興味があります。
スポンサーサイト
徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
政治的に
自民と建設業界の闇の部分から、目をそらせるための策略だと仮定しましょう。
ではなぜホリエモンなのか?自民にとって逆に痛いじゃないか…
今の自民は小泉派とアンチ小泉派が、ポスト小泉を狙って闇闘を繰り広げているとしましょう。
ホリエモン騒動は小泉派にとって痛手で、違法建築騒動はアンチ小泉派にとって痛手だとしたら…
だとしたら・・・
小泉派とアンチ小泉派の斬り合いってことでしょうか。
それを操るは、内紛に乗じて自民をおとしめようとする野党の、
いや・・・同志のふりをして時を待つ公明の策略?!
むむむ・・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。