--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/04.Sun

Jリーグのこと

昨日閉幕したJリーグ。
それにしても劇的な幕切れだった。

試合終了まであと数分ってところで同点にされて、優勝を逃したセレッソ大阪。
テレビで見ていて痛々しいほど、選手の気持ちが伝わってきた。
この感じ、ドーハの悲劇と呼ばれる1993年のW杯アジア最終予選のときに似てると思った。

終了間際にコーナーキックから2-2の同点になり、
他会場では結果を知って歓喜の渦。

スポーツは必ず勝者と敗者が出る仕組みになってるから、
こういう悲喜劇は今後も繰り返されるだろう。
筋書きのないドラマといわれるが、
そこに物語性を感じて人はスポーツに引き込まれる。

セレッソにしても、初優勝のガンバにしても、
3連覇に失敗したマリノスも
優勝争い常連ながら今年は絡めなかったジュビロや
首位争いをしつつも勝ちきれなかったアントラーズ、
かつての強豪ながらJ2降格のヴェルディなど、
例年とは違う結果がそこにはあった。
一つの歴史、物語が終わったような
そんな感覚がする今年のJリーグだった。
スポンサーサイト
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。