--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/11/22.Tue

観劇:劇団ONEROOMのこと

19日に、知り合いが客演している舞台を観に行った。
劇団名の通り、ワンルームの物語。
テレビがあって、ベッドがあって、冷蔵庫があって、
ガラスの入った窓があり、シンクがあり、トイレには便器(!)があった。
けっこうしっかり作っていて、ふつうに部屋でした。
壁以外は。(薄い感じが小劇場テイスト!)

ストーリーは、ある日、自分以外に自分が二人いて(つまりは同じ人間が三人)
一つの同じ部屋に住んでいることが発覚するところから始まる。
そこにいろいろな人がやってくるわけだが、
自分とは別の世界で生きているもう二人の自分と
彼らに関わる人々と接していくうち、
三人それぞれが自分の人生を見つめ直す。といった感じ。
軽い笑いを交えながら、最後はしっとりさせる。てな感じ。

そのしっとりの後にくるラスト部分に、
個人的にはしっくり来なかったりもしましたが、
まぁ、何といっても驚いたのは、このセットよく作ったよってことです。
あ、あとこの劇場のアスベストにもびっくり。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。