--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/11/14.Mon

親知らずのこと

歯医者に行った。
親知らずが虫歯になっていることが
鏡で見てわかったから。
ななめに生えていたので、
いずれ抜くことになると言われていた。
それが今日になった。

10分くらいで終わると聞いていたが
押したり引いたり削ったり、なかなか抜けない。
歯がもろいとかで上手くつかめないらしい。
そうこうするうち20分くらいたち、
次の患者さんが来てしまった。

先生もコイツはてごわいと見たんだろう。
とりあえず一時休止で、その方の治療。
10分ほど放置されたのち、再開。

今度はさっきよりちょっと手荒になった。
さらに格闘することもう20分。
抜けたという感覚はなかったが、糸で患部を縫い始めた。
そして、お疲れ様でしたの言葉が。
終わった。ものすごくホッとした。
手術に体力がいるってことがよくわかった気がした。
医者もそうだが、患者も。
とにかく疲れた。

抜いた親知らずを見せてもらったが
歯というよりなんかの部品みたいだった。
長年の連れ添いと別れるような感慨や愛着より、
てこずらせやがってという気持ちが大きかった。

てこずらされたのは抜いたあともだった。
痛くて痛くて痛かった。
のどから耳の奥までズキズキするし、
出血は止まらんし。
ものが食べられるようになるまでけっこうかかった。

そんなずっとつらい一日でした。
スポンサーサイト
徒然 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
はじめまして!
 親知らず抜歯、 大変お疲れ様でした。 抜歯 所要時間と 比例して、術後の痛みも 強いかもしれません。 とてもお気の毒ですが、、、 日を追うごとに 不快症状は軽減してくるかと 思いますので、 何とか 頑張って 耐えてくださいネ! 健闘を祈ります。 ではでは、、、お大事にどうぞ!
 親知らずに関しての エントリー、 TBさせていただきました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。