--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/19.Thu

観劇:とりにくのこと

とりにくの公演『ゴーストメイカー ~セーラー服と日本刀~』を観た。
亡くなった人たち(幽霊)を操ることの出来る能力を持った少女の話。

劇団名から、とぼけた味わいの芝居だと勝手に想像していた。
しかし実際には、殺陣など激しいアクションのある芝居だった。
別に「今回は」というわけではなく、毎回アクションを入れているそうだ。
全体としてアニメ的なものを感じたが、これについては「今回は」なのか定かでない。


1名やや年配(失礼!)の役者さんが、見事な剣さばきを披露していた。
殺陣をつけていたのもその人のようだった。
おそらく、「今回は」なんてことなく、長くこの世界にたずさわっている方なのだろう。

そう思うと、急にその役者さん(役ではなく)が立体的に見えてきた。
年齢を重ねた厚みとは、こうやって周りがその人を覆って出来ていくのかもしれないと思った。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。