--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/13.Fri

自分を見つめ直すのこと


道に迷っているような。
行き先を見失っているような。
ありきたりだがそんな感じだった。
昨日まで。


ここ二ヶ月のことを思い返してみた。
この先二ヶ月のことを想像してみた。
ただ月日が流れてるようだと思った。
自分はどこへ向かっているのかわからなくなっていた。




先日、かつて共演したことのある友人の舞台を観に行った。
彼はその公演を最後に役者をやめると言った。
役者をやめるだけで、芝居には関わるかもしれない。
だが、寂しそうな顔を見る限り、それは彼の望んだ答えではないことがうかがえた。


その同じ公演に、これまたかつて共演したことのある知人のチラシが折り込まれていた。
名の知れた役者が出演する舞台の作・演出をするようだ。
おそらく彼はこれを仕事としてやっているのだろう。
一般的に、彼は売れていると言うのだろう。


さて、自分はどうだろうと考える。
30過ぎても諦め悪く芝居という海を漂ってはいるが、売れるために荒波へ漕ぎ出すわけでもない。
自分はどこに向かっているのだろう。








散々悩んだあげく、やりたいことをやろうという当たり前のことに行き着いた。
そして誘われていた舞台に出演することを決めた。
しばらく休業しようかとも考えていたが、やはり今はこれがやりたいのだと思った。


さまよってたどり着いた先は、原点ともいうべきごく自然な考えだった。
ぐるっと一周してスタート地点に戻ってきたようだ。
だが、自分のあるべき姿を取り戻せたように感じた。


思い返してみると大したことではないのだが、それでも自分にとってはすごく重要なことだった。
結局目的地も定まってないが、これからどこへたどり着くのか、意味のある月日にしたいと思う。
スポンサーサイト
徒然 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
正解。
やりたいことをやる。
続ける。
続けるための努力をする。
これでいいのだ。

わしも長々とやってるお陰で、40過ぎてようやく紀伊國屋ホールにたどり着いた(遅っ!)
マイナーな世界の住人のわしが、文学座や無名塾やつかこうへい劇団やテレビ界映画界出身の役者たちと共演。
わしの芝居、そんなに遜色ないじゃん!
こんなことなら若い頃メジャーに挑戦しとくんだった。

などと勝手に思いながら(笑)、稽古の日々です。
>もりちゃん(笑)さん
コメントありがとうございます。
マイナーだったとしても、続けるための努力、し続けようと思います。
あまちです。
そうですよね・・。続けるって一番大事なことな気がします。いっこの事を本当に長く続けられる人って凄く濃い時間を生きているような気がする。
他の人よりも、何倍か楽しい・・って思います。多分。(笑)

それだけ、迷ったり、考えちゃうときもありますけどね。
まっきぃ~さんの演技大好きです。
>あまちさん
他の人より何倍も楽しいと考えれば、少しくらい迷ったりしても頑張れそうですね。
それと、いつもポジティブな応援コメントありがとう!
それも頑張れる源です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。