--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/19.Sat

観劇:あきしののこと

2月に、非常勤劇団あきしのの公演『ベンチタイム』を観た。

ベンチに座る人をもてなす仕事、ベンチャー。
会社をリストラされた男が、あるベンチャーに出会ってその仕事に興味をもつところから物語は始まる。

男の前にいろいろな人々が現れるのだが、じつはみんなグル。
ベンチャーというありもしない仕事を信じ込ませ、登録料を騙しとるサギの一味だった。

登録料を払いベンチャーになった男は、妻とベンチで客を待つ。
が、誰も来ない。
騙されたと悟ったあとの元気なくベンチに座る二人の姿が切ない。

そしてついに男は気が狂ったように踊りだす。
唐突な上にそれまでの芝居と不釣り合いなラストシーンだったが、
男の心情が伝わってきたように感じた。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。