--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/09/23.Sat

観劇:笑劇ヤマト魂のこと

笑劇ヤマト魂公演『GALACTICA’06~幻想世界紀行~』を観てきた。

宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」の本歌取りファンタジー。
宇宙を旅する銀河鉄道999に乗るジョバンニが見る夢は、過去か未来か幻か。
次第に明らかになる事実。
最後に下した決断は、皆の為とは誰が為か。

ゆりかごに揺られるがごとき母の胎内、そのラストシーンの先に何が待つのか。
不幸な物語が用意されているような印象を覚え、ジョバンニの行く末が気になった。

キャスター付の大きなイスがいくつもある中、6・7つある捌け口からではけをくり返し、
今回も縦横無尽に動き回っていた。
初日ということもあってか、たまにぶつかったりもしていた。
ヤマト魂にはもう少し広いスペースの方がよいのではないかと思ったりした。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。