--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/19.Mon

観劇:えるおぅしぃのこと

れふと・はんでぃっど・おーるど・くろっく(略してえるおぅしぃ)の公演『ピッツァ』を観た。

戦争によって占領下に置かれている日本。
とある建物の一室を、それぞれ自分達の秘密の場所として使っている女4人組と男4人組。
ある日、その二組が遭遇して悲劇が起こる。

街中では戦闘が繰り返され、疑わしいものは排除される。
そんな世界にあって、この部屋は彼らにとって憩いの場であり、自由な空間であり、生きていることを確認できる唯一の場所に違いない。
その場所を犯す者を、お互い排除しようとするのは自然な気持ちなのだろう。

救いの無い中で、一人の女が、一人の男と一緒になることで救われようとする。
しかしその行為に愛を感じなかった。一時の逃げのように見えた。
男は、別のことで頭がいっぱいで女を拒む。
それくらいどうすることも出来ない厳しい現実。
自分のことで精一杯で、人を愛することすら忘れてしまっている悲しい世界がそこにあった。

深いテーマをもった物語だが、事前にパンフで時代背景を知っておかないとわかりづらい部分があった。(読まなかったので理解するのに苦労した!)
役者は皆、高いテンション、高い集中力でとてもよかった。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。