--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/02.Fri

観劇:笑劇ヤマト魂のこと

笑劇ヤマト魂の公演「エメラルドの都」を観た。

オズの魔法使いをモチーフにした物語。
とてもファンタジーを感じるつくりで、楽しい演出。
役者が次々と出たり引っ込んだりを繰り返し、リズムを生んでいた。
それを普通にこなしている出演者たちはすごいなと思った。
終盤、エメラルドの都に着いてから、今度は深いテーマがかいま見えてくる。
ここら辺が、ヤマト版ダークファンタジーとうたっている部分なのだろう。

夢がなくても、世の中が平和でなくても、ドロップがあれば幸せ。
そんな表情のドロシーがとても印象に残った。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。