--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/04/17.Mon

観劇:野鳩のこと

野鳩という劇団の公演『なんとなくクレアラシル』を観た。

学芸会風ヘタウマ演技。もちろんそこを狙っている。
人によっては見苦しい、聞き苦しいと感じるだろう。
だが、田舎っぽさ、中学生っぽさの表現としてはうまくいってると思った。
恋や友情といった観てる方が恥ずかしくなるような青春を描いているのだが、
笑いをからめた独特の記号的な演技が、逆に気恥ずかしさを奪って素直に観れた。

タイトル通り、クレアラシルが出てくるのだが、はっきりいってでかい
そしてよくできている。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。