--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/03/13.Mon

観劇:五反田団のこと

五反田団公演『ふたりいる景色』を観ました。
死ぬこととは、他人と関わりを持たないこと、、、そんなことを考えました。
言いかえれば、生きることとは、他人との関わりを持つこと、、、なのでしょう。

最後、主人公の男の死を暗示する形で幕を閉じる。(と自分には見えた。)
それは、他人と関われない人は死んだも同然と、悲観しているのでしょうか?
ただの馴れ合いな関係を続けるなら、一人で生きる(=死を選ぶ)という決意なのでしょうか?

どの程度、主観が入っているのか、わからなかった。
むしろ力を込めず、主義主張を前面に出さない、それが狙いのようでした。
なので、すべてを理解するのは難しく、また、すべては理解させてくれない舞台でした。
しかしその雰囲気は、ゆっくりと死に向かっていく感じがよく出ていると思いました。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。