--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/02/17.Fri

観劇:BOTTOM‐9のこと

BOTTOM‐9の公演「Sevenstars Custom Night」を観た。

現代の若者たちの前に現われる明治時代の軍人たち。
彼らの旗色は悪く、ついに死を覚悟しての突撃命令が下りる。
軍人たちは何を思って生き、死んだのか。
それに巻き込まれた若者たちは、忘れていたものを取り戻す。

9人の男たちによる熱い芝居。
軍人ということもあり、声を張る芝居が多かった。
役者は皆、それを一本調子には感じさせない上手さを持っていたが
どのシーンも似た印象になる危険性があった。
かといって声を落とすわけにもいかないし、どう見せるか難しい部分だと思った。

ストーリーとしては、我々現代人が失いかけているであろう
家族や友人、祖先や子孫に対する感謝や思いやり、
それらの大切さを訴えているように感じた。
もう少し、人に地球にやさしくしようと思った。
スポンサーサイト
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。