--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/02/11.Sat

アメリカ戦のこと

サッカーの日本代表対アメリカ代表の試合があった。

前半はとにかくボールを拾われてしまって、
何もさせてもらえない時間が多かった。
ピッチが悪かった、選手のコンディションが悪かった、
フォーメーションがあってなかったなど、理由はつけられるが、
それにしてもやられっぱなしで悪い印象しかない。

後半は、選手を交代してポジションなどが変わったせいか
日本が前を向いてボールをもてるようになった。
相手のスローダウンもあっただろうが、
両サイドバックが攻撃参加してチャンスになる場面が見られた。
サイド攻撃の有効性。
ずっと言われてることだけど、あらためて感じた。

結果としては1点差だが、点差以上にチームの力の差はあるように見えた。
でも、そんな中でも2点取奪ったことはいい材料だ。
最後まで諦めない気持ちや、控えでも出たらやってやるという意識を感じた。
層が厚くなったというか、全体がレベルアップしているのも頼もしい。

シメはこの言葉を、サッカー、そしてオリンピックの代表選手に。
がんばれ、ニッポン!
スポンサーサイト
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。