--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/03.Fri

新人ですのこと

ちょっと更新してない間に6月になってしまいました。
新しい環境に身を置いています、マキノです。

職場で部署異動がありまして、新しい同僚に囲まれ新しい業務に励んでおります。
久々に新人を体験しているわけですが、
残念ながら自分の仕事っぷりにストレスがたまる毎日です。


それと、7月の舞台の稽古が始まりました。
天幕旅団には初参加。もうひとつの新しい環境です。
前身劇団の笑劇ヤマト魂に出演したことがあるのですが、
調べてみたらもう4年も前のこと。

共演する役者さんたちは、この4年の間に何度もヤマト魂や天幕旅団に出ている方々。
4年前に一度だけ出た自分は、どちらかというと新参者。
まだ1回稽古に参加しただけですが、初共演の人々に囲まれて浮き足立っております。
でも温かく受け入れてくれそうなので、これからが楽しみでもあります。


稽古場日誌があるので、もし興味があったらどうぞ。
『天幕旅団の作り方』 http://tenmakuryodan.jugem.jp/
持ち回りで更新なので、そのうちマキノの番も。

公演詳細は以下!


∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧

天幕旅団♯2
『天幕版 東海道四谷怪談』


瀬をはやみ 岩に堰かるる瀧川の
われても末に 逢はんとぞ思ふ

宵闇に契りし言の葉は 蛍火に揺らぎ散り逝く夢幻

今一度のこの逢瀬 嬉しゅうございます 伊右衛門様
満天の儚は天の川 永久に愛して下さいますか


天幕旅団♯2は、歌舞伎エンターテイメント!
巨匠:鶴屋南北の不朽の名作『四谷怪談』を
天幕芝居に本歌取り!!

「恐怖」を除いた『四谷怪談』。
見えてきたのは、「狂おしいほど、純愛。」

時は元禄、江戸は四谷の物語。
伊右衛門とお岩、お袖と与茂七、運命に裂かれる男と女。
回る回る悪事が回る。廻る廻る因果は廻る。

忠義を捨てた民谷伊右衛門、悪事に染まるピカレスク活劇。
満天の儚は天の川、義士と不義士の忠臣蔵外伝。
夏の中野が祭りに染まる、天幕 納涼大歌舞伎。

「待ってろお岩、夢の続きで。首が飛んでも、動いて見せらあ!」


【作・演出】
渡辺望


【出演】
加藤晃子 渡辺望 (以上、天幕旅団)

菊川仁史 加藤貴広 牧野ななわり
神嶌ありさ 佐々木豊 長谷川友貴 渡辺実希


【会場】
中野 ザ・ポケット
(JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅徒歩5分)


【日程】
2011年7月20日(水)~24日(日)
 20日(水) 19:30
 21日(木) 19:30
 22日(金) 15:00★/19:30
 23日(土) 15:00/19:30
 24日(日) 15:00 
受付は開演45分前、開場は開演の30分前より開始します。


【料金】
前売 3,200円
当日 3,500円

団体割引 3,000円(3人以上のまとまった予約)
平日昼割(★) 2,700円(前売・当日共)

高校生以下 2,000円(要学生証)
浴衣割引 500円引き
(当日、浴衣を着てご来場の方は500円引き。着物・甚平・作務衣など、和装ならOK。他割引との併用可。)

※以下から予約できます。
http://ticket.corich.jp/apply/27752/007/


【劇団HP】
http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/

∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧
スポンサーサイト
公演 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/06/05.Sun

そこそこ生きてきたけれどのこと

どうも、マキノです。

昨日、友人の誕生日を祝うことを口実に、6人ほどが集まりました。
そして昨夜から今朝にかけて、その友人宅で、ゲームを。

こんなふうに集まれることが素晴らしい。
年齢的には決して若いわけではないし。
いつかはできなくなる日が来るでしょうから、大切にしたい時間。


数日前は祖母の誕生日でした。
とは言え、会ったわけでも電話で話したわけでもなく。

その日に観に行った芝居は、偶然にもおばあさんたちの物語。
「失われた時間を取り戻したら今度はしっかり生きる」
みたいな台詞(曖昧ですみません)が胸をうちました。
悔いのない人生をおくらなきゃ。
若者たちに向けたメッセージに感じました。

でもそれが心に響くのは、じつは若者よりも年配の人のように思います。
過ぎて初めて気付くというか。
ということは、自分もそこそこ生きてきたってことだなぁと。


さらに数日前は姪の誕生日でした。
これまた会ったわけでも話したわけでも。

せめてプレゼントでも送ってあげるべきだったかなぁ・・・と少し後悔。
というのも自分が子供の頃、誕生日プレゼントを送ってくれるおばさんがいまして。
それはそれは毎年楽しみでした。

その気持ちを姪っ子にも感じさせてあげないといけないのではと。
次の世代に受け継ぐというと大げさですが。
じつはそのおばさんはこの春に亡くなりました。
だから余計に還元しなければいけない気になったのかもしれません。

でも自分が送る側の立場になることはつい最近まで想像してませんでした。
そこそこ生きてきてるんですけどね。


大人ですが自覚がないというか、若くないのにいつまでも子供の気分というか。
しかしそれらが、月日の流れに押されていくような、そんな感覚がしているこの頃。
いい意味で、自分を見つめ直していこうと思います。

徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/06/12.Sun

それが答えだのこと

6月になって毎日体重計に乗っているマキノです。

昨年5kgほどダイエットしました。
が、2kgくらいリバウンドしました。
稽古が始まったので、増えた分を戻しつつ
もう少し痩せてやろうと目論んだのですが、、、
なかなか減らず苦戦中です。


さて土曜のことですが、稽古後にちゃんこ屋へ行ってきました。
共演する役者さん達とだいぶ打ち解けてきてはいますが、
まだ距離が縮まっていないと指摘される自分には、
こういった稽古以外の場も大切です。

しかし6月に鍋。
食べながら季節がよくわからなくなりました。
でも美味しかったのでOKとします。
うどんでシメたと思いきや、
御飯を追加して雑炊まで堪能しました。


痩せない理由がわかったと思ったあなたは正解です。

DSC_00241.jpg
水炊き鍋(点火前)
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/06/19.Sun

お参りしてきたのこと

すっかり梅雨ですね。
どうも、湿度があがると髪が踊るマキノです。
クセっ毛にはこの時期はツラいです。

でも今日は雨が降らなくて良かった。
というのは、7月の舞台関係者でお岩さんのお墓参りに行ってきまして。
もちろん四谷怪談の公演を行うにあたってご挨拶のため。
お墓だけではなく於岩稲荷や田宮神社へも行きました。

妙行寺の碑
『四谷怪談 お岩様の寺 妙行寺』と書いてある(たぶん)石碑と
作・演出の渡辺望氏

公演を成功させるには、あとはもう自分たちが頑張るだけです。


その頑張る公演の情報ドン!!
 ↓

天幕版 東海道四谷怪談

天幕旅団♯2
『天幕版 東海道四谷怪談』

【作・演出】
渡辺望

【出演】
加藤晃子 渡辺望 (以上、天幕旅団)
菊川仁史 加藤貴広 牧野ななわり
神嶌ありさ 佐々木豊 長谷川友貴 渡辺実希


【日程】
2011年7月20日(水)~24日(日)
 20日(水) 19:30
 21日(木) 19:30
 22日(金) 15:00★/19:30
 23日(土) 15:00/19:30
 24日(日) 15:00
(★は平日昼割)
※受付は開演45分前、開場は開演の30分前より開始します


【会場】
中野 ザ・ポケット
(JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅徒歩5分)


【料金】
前売 3,200円
当日 3,500円

団体割引 3,000円(3人以上のまとま った予約)
平日昼割(★) 2,700円(前売・当日共)
高校生以下 2,000円(要学生証)

浴衣割引 500円引き
(当日、浴衣を着てご来場の方は500円引き。着物・甚平・作務衣など、和装ならOK。他割引との併用可。)


※以下から予約できます
http://ticket.corich.jp/apply/27752/007/
座席にご希望のある場合は予約フォームの備考欄へご明記ください。
なお、今公演では花道がございます。花道は舞台上手側、客席から見ると右側になる予定です。


【劇団HP】
http://members3.jcom.home.ne.jp/tenmaku-ryodan/
【稽古場ブログ】
http://tenmakuryodan.jugem.jp/
公演 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。