--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/01.Sun

新年のご挨拶のこと

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は多くの方にお世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。

  m(_ _)m

2006.1.1
スポンサーサイト
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/05.Thu

仕事三昧のこと

しばらくブログを休んでました。
サボってたわけですが、それもこれもバイトだったから!
さほど忙しくもなく、むしろ暇なぐらいだったのですが、
なんか帰ってきてから、なんもする気にならなくて。
毎日仕事で正月など無かったのに、気分だけはだらけてました。
おそるべし、正月パワー。
って、だらけてたのは自分の責任か?
明日からはまた気を引き締めていこう!おー!
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/09.Mon

アフレコ終了のこと

土曜日に、監督の自室で、
二度目のアフレコをしました。
普通の部屋なので、
大丈夫かなと思いつつも
気にせず大声を出しました。

一応この日で録音も終わり。
あとは音を映像に合わせるのと、
細かい編集をするだけのよう。
2月に完成予定だす!!
さて、どんな作品になるのでしょーか。


夜にはライオンパーマの新年会。
今年の舞台の計画を、
チラリと聞きました。
予定が合えば出たいので、
またまた呼んで欲しいだす!!
映画 | Comments(3) | Trackback(0)
2006/01/10.Tue

冬は寒いのこと

今日は朝からお腹の調子がよくない。
なのに誘われて昼食に辛いカレーを食べてしまった。
カレーはおいしかったので、そのせいとは思いたくない。
けれど、夜になってもまだ調子が悪い。。。
本当の原因はきっと夜中に冷えたからでしょう。
このところ寒さが厳しいので温かくして寝よう。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/12.Thu

仕込み手伝いのこと

昨日は、凸劇自遊時間という劇団の仕込みに行ってきました。
照明さんに依頼され、手伝ってきたのですが、
出演者や他のスタッフにも知り合いがいたので
初めての現場でも緊張せずにいられました。

しかし手伝いとはいっても、自分は照明のプロではないので
ちょっと手際が悪かった感は否めません。
むしろ勉強させてもらったという感じでした。
そのおかげで少しずつですが、
以前よりは照明の仕込みを理解しつつあるかなと
思ってみたりする今日の手伝いでした。
公演 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/12.Thu

鏡開きのこと

ふと気付けば1月12日。
oh!鏡開き昨日じゃん!!
誰が決めたか、11日に鏡開き。
ミカンはもう無い鏡餅。

もらいものの鏡餅を今日食べました。
べつに風習へのこだわりがあるわけではない。
日本人としてのアイデンティティーを、というわけでもない。
ま、せっかくだからってことで。

でもなぜか、正月が終わったって気分になるのは
やはり日本人だからなのでしょうか。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/15.Sun

観劇:凸劇自遊時間のこと

昨日、凸劇自遊時間の舞台に行ってきました。
水曜日に仕込みの手伝いをした劇団なので、
舞台セットなどは知っていたのですが、
詳しいストーリーは聞いてなかったので
初見の気持ちで観ることができました。

まず感じたのは、テンションやテンポが小気味いいということ。
後で聞いたところでは、多少セリフをかんだり間違えたりして、
出演者的にはペースが崩れた部分もあったようですが。。。
細かいギャグに笑い、ほろっとさせられつつ最後にはハッピーエンド。
とても楽しい芝居でした。

公演に関わりながらも客として楽しめる、
こういう気楽なポジションっていい。
気楽なんて言うと、頑張ってるみなさんには申し訳ないですが、
いつもとは違う芝居の楽しみ方も味わいました。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/21.Sat

容疑者牧野陽一のこと

先日、契約しているプロバイダーから【重要】と書かれたメールがきた。
それによると、なにやら不審なアクセスがあったもよう。
そのログを調査したところ、あなたの回線に行き当たった、とある。

え?オレ、なんかやっちゃったの?!
ドキドキしながら読み進む。
不審なアクセスのあった日時が記載されている。
今週の月曜日の夕方だった。
月曜の夕方?何してた?っておもいっきり仕事中だよ!
自分の回線なんてぜったい使ってない。

ぬれぎぬだ!と思いながら次へ。
心当たりがなければ、パソコンがウィルスに感染してるかもしれない、とある。
え?マジで?!
慌ててウィルスチェックをする。
これがまた朝までかかった。
頼むよ、オンボロPC。。。

結局ウィルスは検出されず、ホッとして次へ。
ウィルスが見つからなかった場合、他人がお客様になりすました可能性がある、とある。
なにぃ?どこぞに自分の名を語る輩が?!
しかたなくパスワードを変更する。
勝手にパスワードを変えられてはいなかったので、たぶん大丈夫だろう。

これで、やらなければいけないことを終える。
いいの?いいんだよね?じゃあ、とりあえずブログでも書こう。
と思ったが、なぜかネットに接続できない。
まさか容疑者ってことでプロバイダーにはじかれてる?!
いやいや、パスワード変えたから他の設定も変えなきゃいけないんだろう。

いろいろいじる。あちこち見る。
でも繋がらない。なぜぇ?!
そして断念。。。
その日の夜も、翌日も接続できなかった。

あぁ、もうダメだ。
プロバイダーに連絡してどうしたらいいか聞こう。
そう思った本日、最後にもう一度と接続を試みる。
すると!なんと!繋がるではないですか!!
何事もなかったかのように、当たり前のように。
何がいけなかったの?
何が昨日と違うの?
やっぱ規制されてたの?
わっかんねぇー、けどまーいーやー!
無事釈放された気分てこんな感じかなぁ。。。

インターネットのない数日間をすごしたわけですが、
生きていけないほどの依存症にはかかってなかったので一安心。
けど、自分の情報が読まれてるかもしれないという恐怖を実感しました。
セキュリティに関してあまあまだった自分を反省しました。
疑われるって嫌だな。これからはきちんと予防策をとろう。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/24.Tue

バトル・オブ・パスワードのこと

前回、パスワード変更したところネットに繋がらなくなったことを書いた。
その後、繋がったということで一件落着。のはずだったのですが!
なんと再び接続できない状態になりました。。。

どーなっとるんじゃーって感じで設定いじるも改善なし。
どうすることも出来なくなり、ついに諦めまして、
パスワードを以前のものに戻しました。
すると、当たり前のように接続できるじゃあーりませんか!!

てことはやはり、どこかに変えなければいけん設定がひそんでおるっちゅうことです。
チキショー!どこに隠れとるんじゃ-!
イライラがつのります。
手間かけさせやがって!はよでてこんかーい!
言葉もだんだん汚くなっていきます。

気がつきゃもう一週間にもなるんだなぁ、この戦い。
こうなったらパソコンに詳しい人に聞いてやる!
自力の勝負をすて、ズルイといわれようが勝ちに行きます。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/01/25.Wed

ライブドア事件のこと

自分がパソコンに難儀していたここ1週間、
世の中はいろんなことが起きてましたね。

ヒューザー社長の証人喚問の印象を薄くするための策略、
そんなふうに考えていたライブドアの強制捜査。
気がつきゃトップの逮捕にまでいたりました。
そして、自民党とヒューザーの関係よりも
自民党と堀江前ライブドア社長の関係がとりだたされる始末。
ま、政治的な話はここではしないつもりですが、
これで選挙に当選してたらかなりの影響を与えたでしょうねぇ。。。

さっそうと現われ、話題をふりまき、去っていく。
風のよう、というか、台風並みのインパクトでした。
堀江劇場はこれで終了なのか、ただ第一幕の終わりなのか。
経済の主役に戻れるのか、彼が今後どういう生き方を選択するのか。
株価がどうとかいうことよりも、そのことに興味があります。
徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/01/26.Thu

チハルデパート上映会のこと

先週の土曜日、自主制作映画の上映会に行ってきました。
若い監督たちが作品を持ちよって開催したそのイベントは、
チハルデパート上映会『項』。
5分くらいの短い作品や、10~15分くらいの作品などを計8本上映。
そのうちの1本に、このブログにも書き込みしてくださる、
あまちさんが出演していました。

短編ばかりなので、ささっと終わってしまい、
一つ一つはちょっと物足りない感じ。
もう少し見たいなぁという作品がいくつかありました。
でも、会場が狭くきつきつだったので、
長かったらお尻がつらかったかもしれません。
難しいところです。

今回、映画を見て感じたことは、役者の魅力はとても大切だということ。
役者の魅力で登場人物に引きつけられれば、ストーリーが破天荒でも、
変な撮りかたをしていても、作品に入っていくことが出来ます。
主催者が「女子高生には勝てない」ようなことを言っていましたが、
とんでもないです!!!

確かに彼女らのエネルギーには驚くものがあります。
しかし、女子高生の日常に、女子高生の日常以上のものがありましたか?!
そこに人間の内面が描かれてましたか?!
(うっ、痛い・・・)
テンションだけの芝居がおもしろいですか?!
(ぐわっ!自爆・・・)
山は死にますか?春は死にますか?
(さ○まさしさんですね・・・)
あのカメラ回しっぱなしの女子高生より、
魅力的な役者が、面白い作品があったでしょうに!
ま、ギャグの意味もある自虐ネタなんだと思いますが。

若い人たちの(ホントの歳は知らないが)パワーがありました。
なんか自分も撮影したい気分になる、そんな上映会でした。
映画 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/01/28.Sat

観劇:メタリック農家のこと

昨日、メタリック農家という劇団の舞台「熊」を観てきました。

ファンタジーの世界にあこがれをもつ少女。
少女は、友人の持っているビリケン人形に3つの願い事をする。
ある日、ファンタジーの世界にいきているあるキャラクターが少女の家にやってくる。
そのキャラクターは、夢の世界の裏側に嫌気がさして逃げてきたのだと言う。
それを追ってやってくる、ある熊のキャラクター。
そして最後、少女の願いは悲劇的な形で叶えられる。。。

役者のテンションは高いけど押しつけがましくなく、ぐいぐいひっぱられる。
少女たちは小6の設定で、夢を信じつつも現実を知っていく年齢。
そして中学に進み、大人になっていく。
また、某有名キャラクターたちが出てきて、普段とは違う裏の顔が描かれるのだが、
ネタにはしても、バカにしたりコケにしたりはしてないので、笑えてしまう。
ストーリーもおとぎ話のような要素が、つらい現実を暗くさせずに悲しく感じさせていた。
そういった様々なバランスがうまかった。

以前観た芝居にメタリック農家の役者さんが出ていたことと、
知人から面白い劇団として名前を聞いたことから観に行ったのですが、
うわさ通り面白く、とても楽しめました。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。