--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/01.Thu

・・・は、青かったのこと

200512011926.jpg

東京タワーは、青かった。
宇宙から見た話じゃございません。
地上の話。
よく見ると展望台部分に「地デジ」の文字。
(この写真じゃわからんね。)

なんでも地上デジタルがスタートして今日で3年だそうです。
残念ながらさほど地デジ対応のテレビが普及しているように思えない。
アナログが終わるまであと6年あるし、自分もまだまだだろうなぁ。

しかしふと思う。テレビ放送自体は続くんだろうか。
インターネットに完全に押されてる印象を受ける。
やはりネットは観るだけじゃなく配信することもできるのが強みだ。
例えば、自分のテレビ番組は作れないけど、自分のブログは作れるとか。
そういや、だんだんテレビよりパソコンに向かってる時間の方が長くなってる気がする。

でもIT関連の社長さんは放送局がお好きなようで。
売名行為?メディア王になりたい?
それともテレビ放送に可能性が?
隅っこにいる拙い役者にも仕事が回るのなら、
じゃんじゃんテレビ番組を作って欲しいものです。
スポンサーサイト
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/03.Sat

観劇:honey holicのこと

昨夜はバイト先の人と飲みに行って、
3・4人で飲んでた人の部屋に行ってまた飲んで、
そのまま泊まって朝帰ってきた。
芝居の打ち上げ以外で帰らず飲んでたのは久しぶりだ。
なんでこんなことしたのかな。
行動に理由は要らない。それが若さ!
最近、若さを失っていたってことか。。。

今夜は知人出演の舞台、honey holicの「traveling」を観に行った。
記憶が脳に定着する前に三歩歩くと忘れてしまうという病気、トラベリング。
脳に定着すれば忘れないし、用事を書いた紙を見ながらなら忘れずに歩くことができる。
そんなトラベリング患者専門の入院施設の話。
個人的には脚本や演出に不満が残った。

まず脚本に対して。
トラベリングという病気が、タイトルになってるわりには、重要な位置にない。
記憶できないことはストーリーの進行に絡んでこないし、
病気のつらさとかも描き方として弱い。
その病気である必要が感じられず、何でもよかったのかなと思えてしまった。
全体を通してセリフで語られて片付いていくことが多く、
盛り上がる前に勝手に終わってしまったように感じた。

演出について。
一番の弊害はやはりトラベリング。
こいつのせいで患者役はあまり自由に動けない。
そうなると患者以外の役の動かし方を考えなくてはならない。
もしくは動けないのを逆手にとった見せ方をするとか、
紙を見ながら動けるのを最大限生かすとかしてもよかったはず。
だが、脚本の方でも書いたが、動かない役者のセリフによって片付いていくので
空気が停滞気味でメリハリがなくなってしまっていた。

なぜか珍しくいろいろ書いてみた。
若さゆえ、理由はない。
(あくまでも個人的な感想ですのであしからず。)
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/04.Sun

Jリーグのこと

昨日閉幕したJリーグ。
それにしても劇的な幕切れだった。

試合終了まであと数分ってところで同点にされて、優勝を逃したセレッソ大阪。
テレビで見ていて痛々しいほど、選手の気持ちが伝わってきた。
この感じ、ドーハの悲劇と呼ばれる1993年のW杯アジア最終予選のときに似てると思った。

終了間際にコーナーキックから2-2の同点になり、
他会場では結果を知って歓喜の渦。

スポーツは必ず勝者と敗者が出る仕組みになってるから、
こういう悲喜劇は今後も繰り返されるだろう。
筋書きのないドラマといわれるが、
そこに物語性を感じて人はスポーツに引き込まれる。

セレッソにしても、初優勝のガンバにしても、
3連覇に失敗したマリノスも
優勝争い常連ながら今年は絡めなかったジュビロや
首位争いをしつつも勝ちきれなかったアントラーズ、
かつての強豪ながらJ2降格のヴェルディなど、
例年とは違う結果がそこにはあった。
一つの歴史、物語が終わったような
そんな感覚がする今年のJリーグだった。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/05.Mon

オパスHP表紙のこと

11月23日に書いたホームページのデザインを依頼した話。
数日前に、とりあえずって感じで表紙を作ったとの連絡があった。

見てみるとこれが予想以上の出来!
ちょっと奇抜な感じにコラージュされているデザイン。
いろいろな個性が組み合わされているオパスっぽい。
さすがです。
本人的にはまだサンプルなんだろうけど、全然とりあえずに感じない。

残念ながらまだ公開できないけれど、期待してお待ちください!
ブログ、ホームページ | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/06.Tue

ギター練習中のこと

以前、知り合いに触発されて埃かぶったギターを引っ張り出した話を書いた。
その後しばらくは部屋の隅に置いてあったが、
このまま終わらせるわけにはイカン!ってなわけで、
このところきちんと練習しています。
きちんとってどういう練習をいうのかはわかりませんが。。。

とりあえず楽譜を買おうと楽器屋へ。
フェイバリットミュージシャンの奥田民生の弾き語り集を見つけたので即買い。
でもじつは奥田民生のCDは一枚も持ってないので(ホントに好きなのか?)
レンタルして、曲聴きながら楽譜見て弾いてます。
まだまだコード押さえるので精一杯で何が何やら・・・ですが。

いつか披露できる日は来るのか?
舞台上で弾いちゃうのか?
そんな機会を持つことを目標に、頑張って練習しております。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/07.Wed

買い物のこと

雑貨やら衣類やら電化製品やら
欲しいと思っている物がいくつかある。
でも今すぐないと困るというものではない。
なので、それらの店に行っても、
大きさやらデザインやら値段やらで迷ったあげく
何も買わずに帰ってくることが多い。

ただの優柔不断なのかもしれない。
迷ったり選んだりも買い物の一部
という人もいるだろう。
だが、時間や手間を考えると、
欲しい物を何も気にせずすぐに買えたらと思う。
冬のボーナスがあれば・・・などと、
さらにない物ねだりを重ねてみたりする。

あ、でも、スケジュール帳は買いました。(ようやく!)
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/08.Thu

乾杯の音頭のこと

今度の土曜日は友人の結婚式。
友人といっても地元の後輩。
先輩というポジションのせいか、
披露宴での乾杯の音頭を任されることになった。

そんな大役やったことがない。
披露宴でマイクの前に立ったことなど一度もない。
そもそも披露宴に出たこともそんなにない。
やばい。どうすりゃいいのかな・・・

親にメールしましたよ、ええ。
どんな風にやってたっけ?って。
こんなとき人生の先輩は頼りになる。
おかげで少し雰囲気がつかめた。

なんとなくで過ごしてきて、
じつはよくわかってないこととか
他にもけっこう多くあるよな、きっと。
オレは年上ってだけの先輩だなぁ。。。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/09.Fri

W杯組み合わせのこと

2006年に開催されるサッカーワールドカップ・ドイツ大会。
開幕6ヶ月前となり、いよいよ組み合わせ抽選が行われる。
まず予選として4チームずつ8グループに分けられる。
各グループ上位2チームがトーナメント進出となるので、
この抽選でどの国と同じグループになるかが非常に大切になる。

強豪国より日本と同じか下位の国と一緒の方がいいのだが、
どこも地域予選を勝ち抜いてきただけに安全牌の国などないわけで
第一シードだった前回の日本・韓国での大会に比べ
苦しい戦いを強いられることは目に見えている。

でも少しでも上位にいって欲しいわけで
ちょっとでも期待が持てるグループであって欲しいわけで
対戦相手が気になるわけなんですよ!
それからグループ分けを勝手に想像して楽しむんですよ!
そのあと予選突破の国を勝手に予想して楽しむんですよ!
あぁたのすぃ~!

無理矢理楽しんだところで、抽選は日本時間の12月10日午前4時すぎ。
朝起きたらどうなっているのでしょうかっ!!
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/11.Sun

まず結婚式のこと

昨日行ってきました、友人の結婚式。
会場はウェディングハウスでした。
ウェディングハウスには始めて行ったのですが
1階にパーティ会場、2階に教会があって
見た目レストランのような建物でした。
なので、ホテルのような格式高い感じではなく、
パーティといった感じの和やかな雰囲気の披露宴でした。

せんえつながら乾杯の音頭をとらせて頂いたのですが、
いやいや緊張しました。
グラス持つ手が震えそうになりましたよ。
たいした笑いもとれなかったけど(そんなのはいらないか?)
無事つとめてきました。

一仕事終えた後は、とてもリラックスできました。
こういう場所で堅苦しくない披露宴はいいものだと思いました。
結婚式って恥ずかしくてできないだろうなぁ
と自分では思っているのですが、
こういうのならいいかも、とちょっと考えてしまいました。

そんな和やかな雰囲気通りの家庭を作ってくださいな。
T氏おめでとう!!
徒然 | Comments(2) | Trackback(0)
2005/12/11.Sun

続いて映画打ち上げのこと

昨日の夜は、出演した自主制作映画の打ち上げでした。
撮影自体は一ヶ月前に終わっています。
監督が頑張ったらしく、ひととおり編集はしたようで、
この日は内輪向けの予告編を作ってきてくれました。
音楽にあわせてつないだプロモーションビデオのようなダイジェスト版だったのですが、
とても期待させるものになっていました。
その中に自分が映っているのが、楽しくもあり恥ずかしくもありました。

今後アフレコをするのですが、
そのときにきちんと繋がったものが見られると思います。
ですが、予告編を見た感じですと、
なんかまだまだ経験不足のような
芝居ともいえない動きをしていたので、
はたして見られるものになるのかとても不安になりました。
ちょっと完成が怖いです。。。
映画 | Comments(2) | Trackback(0)
2005/12/11.Sun

そしてサッカーW杯のこと

組み合わせ決まりましたね。
日本は、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じグループになりました。

ん~、2位以内には入れなくもないんじゃないでしょうか。
どうでしょうか?
ちょっと期待できる組ではあるんですが、
そのちょっとの期待が逆に心の隙を作る罠のような。

月並みですが、まずは初戦オーストラリアに勝つことでしょう。
侮れない相手とは思いますが、
勝てなければブラジルへの挑戦権もないと言っていいでしょう。
またW杯は短期なので、ここで勢いをつけることも大切です。

鬼門は二戦目クロアチアです。
次のブラジル戦で、勝たなければいけない状況を作らないためには
この試合の結果が重要です。
この試合が終わって2位以内であれば、トーナメント進出が見えてきます。

じつは3戦目がとても難しいです。
優勝候補ブラジルに大差で負けて3・4位に落ちることも考えられます。
かといってこの試合にピークを持っていくわけにはいかないでしょう。
条件は相手も一緒ですが、疲労や怪我、または累積警告で
ベストの状態でない可能性もあります。
そういう意味では、計算のできる初戦にブラジルと対戦するクロアチアは
少し有利なのかもしれません。
日本は最初の2試合で貯金を作ることが課題でしょう。
できればこの試合は、当たって砕けろではなく
ゲームをコントロールできるくらいの余裕を持って挑みたいところです。

なんやかんや言っても、勝って欲しいというのが第一です。
たとえ負けても、いい試合だったら許せるのですが、
いい試合をして負けることってなかなかないので。
酷な注文ですが、選手の皆さんにはぜひ頑張って欲しいものです。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/12.Mon

観劇:40CARATのこと

10月に出演したライオン・パーマのチャー・アズナブルさんが
作・演出している40CARATの「ギリギリ王の憂鬱」を観に行きました。
(今回のクレジット名は加藤岳仁さん)
ライパではギャグ満載だったのですが、
外部ではどうなるのか、どうするのか楽しみでした。

いつも遅刻ギリギリで職場に着く男。
原因は、朝起きられないからなのだが、寝てる時にみている夢に関係があった。
その夢には、女がさらわれピンチというギリギリのタイミングで助けにくる”ギリギリ王”がいつも出てきた。
そんな彼の職場や同僚にピンチが。
また夢の中のギリギリ王も罠にはめられようとしていた。。。

時折ギャグをはさみつつも、ストーリー中心の展開。
ライパとは一味違う舞台でした。
しかし、微妙な間やテンポの役者さんや
キャラを守りすぎて芝居のリズムを崩していた役者さんなどいて、
今のホントは笑えるセリフじゃないの?!というところが何度かありました。
チャーさんの本は、言い回しで何倍も笑えるようになるし、
それでいて時々、ナイフを突き立てるような鋭い現実的な言葉が入ったりします。
笑いという意味だけじゃなく、もっと面白いはずなのにと思ってしまいました。
まぁ自分も一度しか一緒にやってないし、出来てなかったかもしれないので
偉そうなことは言えないんですが。。。

この劇団はいつもバンドの生演奏とともに芝居をするらしく、脇に4名楽器隊がいました。
演奏は素晴らしいし、バンドとしての完成度も高いんだろうけど
芝居とのコラボレーションには疑問符がつくと思いました。
バンドライブと演劇を同じ時間に同じ場所でやってるだけに感じました。
自分は芝居を観に行ったつもりなので
どうしてもバンドに対するダメ出しになってしまうのですが、
思いっきり芝居を邪魔してる時がありました。
セリフが聞こえづらいところもありました。
(役者にもっと声を張れってことでしょうか?)
こんなのコラボじゃねぇ!!
という声が向こうから聞こえた様な・・・
でも、まずバンドありきの立場からすれば、
音を生かせていない芝居の方が悪いということになるんでしょうか?

1+1が必ずしも2になるとは限らない。
挑戦することは素晴らしいが、融合させるのはなかなか簡単なことじゃないんだな
とあらためて思いました。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/14.Wed

観劇:劇団大樹のこと

オパスの看板俳優・山田純が出演する舞台、
劇団大樹の「ポプコーンの降る街」を観てきました。
演技のしっかりした役者さんたちで、
落ち着いて観ていられました。
難点をいうなら、しっかりしすぎてる?
不安定な登場人物の気持ちすらも、安定して見えてしまった気がします。
演技がしっかりしてないやつの負け惜しみにしか聞こえないかな。。。

山田くんは最後の方にしか出てこないと聞いていたけど
本当に最後にしか出番ありませんでした。
なんて贅沢な!
オパスならでずっぱりですよ、山田くんは!

ちょっと客席が狭くて(劇場も小さい)
座るとき前の人の背中にひざを落としてしまいましたが、
久々に「演劇界の真ん中あたりの舞台」を観た気がしました。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/15.Thu

オパス:久々会議のこと

今日は久々にオパスの会議。
来年の公演のことと、ホームページのことを話し合いました。
って最近のオパスはその話題ばかりです。

ホームページはいろいろアイデアはあるのですが、
まだうまく作れるかわからないものが多い段階。
公演は出演者が決定してないので
あまり細かいところまでは決められない状態。
なんかどっちもあまり進展はないみたいに聞こえますね。

余談ですが、会議の後、偶然知り合いの役者さんに会いました。
同じ建物の別の部屋で稽古してたみたいです。
昨日、劇団大樹を観に行ったときも、会場に知り合いがいました。
世の中広いようで狭いところもあるもんですな。
公演 | Comments(1) | Trackback(0)
2005/12/17.Sat

観劇:ジーニアスのこと

このブログにもよく書き込みをしてくださる森本”TJマシン”克巳さん。
その森本さんのお誘いで、演劇ユニットGENIUS(ジーニアス)を観に行きました。

ほとんどの出演者が20代前半!
若い!当たり前か。
彼らを見て、自分はもう若い部類には入らないことを実感させられました。。。
しかし年齢だけでなく芝居も若かった。
若さゆえエネルギーが有り余っていて、
そいつをコントロールしきれてない感じがしました。
ってことはまだまだ伸びしろがある、うらやましいかぎりです。

12月だけにクリスマス絡みの物語。
セリフだけで問題解決してしまうなど不満もありますが、
ENBUゼミの成井豊さんのコースの卒業生ということらしく、
その影響をとても感じる舞台でした。
キャラメルボックス系の芝居好きの人にはきっと堪りませんなぁ~。
(彦麻呂風に。森本さんより拝借!)
観劇 | Comments(2) | Trackback(0)
2005/12/17.Sat

デリシャ●カーニバルのこと

今月も行ってきました。
デリシャスウィートスのライブ。
今回はデリシャスウィートスが主催ということで、
いつも通りのハレンチと、いつもより盛り沢山の内容で
とてもデリシャ色の強いイベントでした。

そんな中、客にパン食い競争をさせるコーナーがあったのですが、
なぜか自分も選ばれてしまいました。
こういう客が参加するものにはよく巻き込まれます。
頼むと断らなさそうな顔してる、とよく言われるのと関係あるのでしょうか?
とにかくやりましたよ、何年ぶりだってくらいに。
やってみるとこれがけっこう難しい。
なかなか口でつかめないうちに、隣の人が成功しちゃいました。
まぁまぁ、負けましたよ、確かに。
でも、でしゃばらない素人っぽい感じでよかったのではないでしょうか。
ボケないでどうするって意見もあるでしょうけど。

その他、活弁士の人やサイケなバンド、
演劇実験室・万有引力の人たちなども出演してました。
いつも以上に楽しませてもらいました。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/18.Sun

観劇:日テレ学院のこと

知り合いが出演の、日テレ学院公演「ちょっとアウェーなX'mas」を観てきました。
今年から日テレ学院と改称したタレントスクールで
今回が第一回の定期公演ということでした。

出演者は日テレ学院の皆さん。
知り合いももちろん日テレ学院所属なのだが、
あちこちの小劇場で舞台に出ているので、
そういわれてもあまりピンと来ませんでした。

内容は、歌ありダンスありのミュージカル調ハ-トフルコメディ。
知り合いも当然歌ったりボケたりしてたのですが、
今まで観たのがまじめな役やカタい役だったので、(本人も真面目な人)
ゴスペル歌ってるのが信じられませんでした。

人には知られていない一面があるんですね。
いい意味でいろいろと裏切られました。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/18.Sun

観劇:笑劇ヤマト魂のこと

本日は舞台をはしごしました。
二本目は、知り合いが主宰、作・演出・出演をしていて
他の出演者にも知り合いがいる劇団、笑劇ヤマト魂の
「皐狂信長公繚乱(さつきにくるおしのぶながりょうらん)」を観ました。

お笑い歌舞伎エンターテイメント&本歌取りファンタジー
と謳っていて、時代劇でありながら、
現代のセリフや話しが入ったり、舞台の使い方に工夫したりなど、
エンターテイメントとしてとても楽しめました。

ただ一つ気になったのは、照明が暗めということ。
わざと暗くしてるとわかるシーンはいいのだが、
たぶん明るめにしてるのかなってシーンも暗かった。
いや、全部暗めで作ってるんですよ、って言われたらそれまでだが、
光の当てかたを変えてもいいと感じるところがありました。

殺陣が多くあったり、凝った舞台セットが作られていたり、
稽古も小屋入りしてからも大変そうで、頑張ってるなぁと思いました。

昼と夜と表現方法に違いこそあれ、エンターテイメントな一日でした。
観劇 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/19.Mon

眠い!のこと

実家にて。
ゴールデンのベルくんです。
2005121917412.jpg

2005121917411.jpg

ノンジャンル | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/21.Wed

年の瀬のこと

今年もあと10日ほどになりました。
最近、師走の言葉どおり、どことなくあわただしい感じがしています。
忙しいようでそれほど忙しくないのですが
気持ちはなんか落ち着かない、そんな日々です。

12月31日という区切りがあまりにも大きすぎるのです。
人生の締め切り日が近づいている、そんな作家のような心境になるのです。
現われるはずのない人生の編集者に怯えるのです。
そして今年の自分をなんとか一冊にまとめようとして焦るのです。
だから落ち着かないのでしょう。

年の瀬にゆったり落ち着いている人、これこそが真の勝ち組のように思うこの頃です。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/22.Thu

冬至のこと

今日は冬至だそうな。
一年で一番夜が長い。
いや昼が短いのかな。
そんな日だってこと。

冬至は南瓜を食べる。
そして柚子湯に入る。
自分は南瓜が好きだ。
なので料理を作った。

久々に南瓜を食べた。
実家では毎日食べた。
実家では毎日冬至だ。
当時から毎日冬至だ。

外は冷たい風が吹く。
厳しい寒さに凍える。
温かい食べ物に感謝。
そんな今日は冬至だ。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/23.Fri

観劇:Boo★Bee+のこと

知人出演のBoo★Bee+(ブービープラス)「夢から醒めた夢」を観に行きました。
ミュージカルとしてよく知られている話らしいのですが、
自分は観たことありませんでした。
ただ、この公演はミュージカルではなく、いわゆるストレートプレイでした。

物語は走れメロス的な、人を信じることを考えさせるものだったのですが、
けっこう淡々とシーンとシーンが繋がれていってしまったので
なかなか芝居の世界に入り込めませんでした。
セットの使い方とか暗転の使い方とか、いくつか疑問な部分がありました。

でも、なんか、初心を思い起こさせられたというか、
芝居を始めた頃を思い出した舞台でした。
観劇 | Comments(3) | Trackback(0)
2005/12/24.Sat

ライブ:マッスルモンティバンドのこと

知人のバンド、マッスルモンティバンドのライブを観に行きました。
ギター3人組なのですが、時々オチャラケをはさみつつ
元気になるような曲を演奏していました。
会場はショッピングモール内の野外ステージ。
冬の夕方の屋外にもかかわらず、知人友人が何人も来ていて、
さらに通りすがりの人も手拍子をする、そんな暖かい雰囲気でした。

打ち上げにも参加したのですが、初対面の自分に
観に来た人たちがとても仲良くしてくれて、
知り合いが急に増えた気分でした。
来年のライブも決まってるようなので、
また応援しに行こうと思います。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/25.Sun

アフレコのこと

この秋に撮影した自主制作映画のアフレコをしました。
ナレーションや、声がうまくとれなかったシーンなどの音をとりました。
じつはアフレコ初挑戦。
映像に声を合わせることとか、撮影の時と同じセリフ回しをするとか
慣れてないのでとても難しかった。
どのくらいの大きさの声を出せばいいのかもよくわからず
とり終わってからますます自分の芝居が不安に…。
でもアフレコする際、編集された映像を一部見たわけですが、
けっこういいです!
自分が撮影に参加したせいもあるんでしょうが、おもしろくなってます。
早く観てみたい!
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/26.Mon

バイトの忘年会のこと

今日、バイト先の忘年会がありました。
クリスマスもあったということでプレゼント交換しました。
予算500円だったのですが、何を買ったらいいかけっこう迷いました。
それは他の人も同じだったようで、微妙な値段設定に誰もが苦しんだようです。
でも物じゃない、気持ちだよってな感じで
何が当たろうが皆喜んでいるようでした。
こんなことするのは久しぶりなので意外と楽しめました。

また、今月で辞めてしまう人もいてその送別会も兼ねていたのですが、
年末ということもあいまって、なんかしんみりとした気分にもなりました。
本当に今年ももう終わりなんだなということを実感した気がしました。

まだまだ大晦日まで仕事がありますし、
来年も元旦から始動ですって休みなしじゃん!
忙しくなって年末を意識出来なくなる前に
一年の終わりを感じることが出来てよかったと思いました。
寂しさもありますが、今日の会はとてもいいものでした。
徒然 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/27.Tue

2005年サッカーのこと

2005年のサッカーと牧野をまとめたいと思います。
今年はスタジアムで5試合観ました。
さあ、自己満足的全試合紹介。

まず一試合目は2月2日。
日本代表対シリア代表戦@埼玉スタジアム。
初めて代表の試合を観戦。
勝ちましたが、一週間後の北朝鮮戦が不安になった覚えがあります。
200502022121.jpg



二試合目は、2月26日、ゼロックススーパーカップ。
東京ベルディ1969対横浜Fマリノス@横浜国際競技場。
この時はベルディが降格するとは夢にも思いませんでした。
200502261335.jpg



三試合目は、3月5日、Jリーグ開幕戦。
ジュビロ磐田対横浜Fマリノス@日産スタジアム。
手に当たって入った疑惑のゴールがありました。
200503051741.jpg



四試合目は、6月12日、バルセロナ対横浜Fマリノス@日産スタジアム。
去年のバレンシアに続いて二度目の外国チーム観戦。
意外と点の取り合いでした。
200506121704.jpg



五試合目は、7月6日、鹿島アントラーズ対横浜Fマリノス@日産スタジアム。
好ゲーム。マリノスが上位だったらもっと面白かったんだろうけど。
200507062004.jpg


マリノス戦が多いのは、日産時代からのファンなのと
けっこう簡単にスタジアムに行けることがわかったから。
もっと足を運びたかったのですが、芝居の稽古と重なり
あまり数多くは行けませんでした。
来年はワールドカップもあるし、
もっと多く、いろんなチームを観に行けたらと思っています。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/30.Fri

2005年演劇・出演のこと

2005年をまとめる企画。
第二弾は、演劇と私・出演編。
今年出演した舞台は3本。

①6月にOPuS「BrainStorming」で中国人役。
出演時間のほとんどが手錠をかけられ、縛られてました。
この舞台に出て初めて、自分が飛び道具班であることを意識しました。
OPuSにとって3年ぶりの公演でした。

②8月、銀色模型「海の棺」で浜辺の男役。
戦争で沈没した潜水艦にまつわる話。
この舞台に出て初めて、戦後60年を意識しました。
誕生日も祝ってもらって、思い出に残る公演でした。

③10月、ライオン・パーマ「英雄合格」で父役ほか全4役。
SFを舞台にしたコメディー。
この舞台に出て初めて、笑いの深さを意識しました。
演じてて自分も楽しかった公演でした。

2006年は、お金と時間の許す限り、舞台に出演したいと考えてます。
今のところ決まっているのは5月のOPuSだけですが。
どんな公演が待っているのか、楽しみです。
公演 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/12/30.Fri

2005年演劇・観劇のこと

2005年をまとめる企画。
続いては演劇と私・観劇編。
今年観た舞台を数えてみたら、22本でした。
すべて知り合いがらみ。
行けなかったのがけっこうあったので、もっと少ないと思ってました。

というのも、このブログを見ればわかりますが、
11・12月で11観てます。
つまり半数はこの二ヶ月。
最近多いだけで、コンスタントには行ってないので
少なく感じるんですね。

ちなみに9月までで11本行ってました。
10月は、10以上知らせが来て1つも行けず。
知らせてくれた皆さん、ホントにすみません。。。

来年は知り合いのは当然ですが、
そうでない劇団も観てまわりたいなと考えています。
盗めるもの、学ばなきゃいけないことはまだまだたくさんあるので。
オススメ劇団がありましたら教えてください!
観劇 | Comments(2) | Trackback(0)
2005/12/30.Fri

2005年ラーメンのこと

2005年をまとめる企画。
なんと次はラーメンと私。

じつは今年、ラーメンに関してある目標を立てました。
それは、「一年間で100軒」ラーメン屋へ行くというものでした。
さらに、一つの店には一度だけという縛りも設けました。
つまり、のべ100軒ではなく、100の店をまわるということです。
計算上は、週2軒行けば達成できます。
なぜこんな目標を立てたのか今でもよくわかりません。
しかし、簡単と思えたこの個人的企画も、始めてみたらけっこうつらかった。

自分の行動範囲内に100軒もラーメン屋がないことはわかっていたので、
少し離れた有名店にも足をのばして食べにいこうと考えてました。
けれど、なかなか遠くの店に行く機会などなく、
近場で済ますうち、簡単に行ける店がなくなってしまいました。
そこで、舞台を観に行く時などを利用して、普段行かない街の店に行きました。
でも、毎日のように出歩いてるわけではありません。
だんだんと目標の数が遠のいていきました。

もう意地でした。
夏休みに毎朝ラジオ体操に行く小学生のような意地でした。
目標達成できなければ一生うしろゆびさされる、(誰に?)
そして少年たちは非行にはしるのだ、(何の話だ?)
そんな思いの中、達成したらブログに書こう、
達成できなかったらこのまま胸にしまっておこう、そう決めました。

そして今、こうしてブログに書いている。
ということは、そう、
100軒行きました!!
やりましたよ!
エイドリア~ン、そう叫んでから恥ずかしくなるそんな気分です!

誰も褒めてはくれないでしょう。
100軒なんて少ない、ラ-ヲタ(ラーメンオタク)にはそう言われるでしょう。
でもいいんです!川平慈英ばりに、いいんです!
ランキングをつけるつもりも、おいしい店を紹介するでもないんです。
ただただ、100軒。
究極の自己満足の世界。
いやー、この達成感のために2005年はあったのでしょう。

・・・・・なんか、寂しいねぇ。
自分で目標決めて、自分で達成して、自分で盛り上がって。
だから、まっきぃーは一人でも大丈夫だね、って言われてしまうんだな。。。(- -;

来年は・・・好きなときに好きな店に行く。
もう数にはこだわりません。縛りもしません。
楽しくラーメンを食べましょう。
徒然 | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。